出産後、膣がゆるんだ?

出産

膣のゆるみは元に戻らない?

「以前より膣にしまりがなくなってきた」という症状は、出産経験のある女性にはつきものです。膣のゆるみは、特に出産の回数が多かったり、難産だった人に多くみられます。出産経験のある8割以上もの女性が、「産後、アソコの締りがゆるくなった」「以前より膣をきつく締められない」といった膣のゆるみを実感しているというデータもあります。

最近、締まりの悪さが気になって…出産後からでしょうか。

二人目を出産後、濡れにくい・締まりが緩くなっているだろうと不安を抱えていました。いざ挿入してみてもなんだかやっぱりスポスポって感じ。

とうとう産後の尿漏れに悩まされてしまいました…。産前にはなかった、力を抜いた瞬間や、くしゃみをした瞬間の尿漏れが起きるようになり、かなりショックを受けました。

LCラブコスメより

 

膣とそのまわりの筋肉の負担が原因?

産後の膣のゆるみは、出産で筋繊維が傷ついて、産道となった膣がうまく収縮できなくなったことが原因とされています。出産後に伸びた筋肉はある程度まで回復しますが、完全に元の状態になることはないといわれます。

腟の組織は肌と同じようにコラーゲン繊維が基盤になっていますが、出産により膣の組織が大きく引き延ばされてコラーゲンが切断されてしまうのです。特に膣の入り口周辺はゆるんでしまったような感覚になります。これは出産年齢や出産回数も影響しています。

 

諦めないでちつトレ

出産後は、骨盤周りの筋肉や膣がゆるみ、膣に空気やお湯が入りやすくなりますが、その改善方法としてちつトレがあります。

膣の締まり具合はトレーニングすることで改善されます。膣圧は膣の周辺筋肉の働きと大きく関係しているので、これらの筋肉を鍛えることが一番効果的で、根本的な解決法になると思います。出産したから尿漏れしても仕方がないと諦めないで、ちつトレに励みましょう。

膣圧を向上させて女性としての自信と喜びを取り戻そう!

あわせて読みたい