一部の人だけが知っている膣圧を向上させる方法とは?

膣の締まりをよくする前屈

セックス時の体の使い方は日常生活と違っています。普段の生活ではしないような体位になるので、力の入れ方や体の動かし方などが全然違うわけですね。ですから、そういうときの体や筋肉の使い方を意識し、体に覚えさせることがポイントです。

このトレーニングでは、膣を締めるために直接的な働きをする筋肉が鍛えられます。膣をしっかりと締めるためには、骨盤まわりの筋肉を使いますが、特に体の前側からの圧迫が必要です。つまり、お腹を曲げることで、膣にかかる圧力をより強くすることができます。

前屈の方法
  1. いすに座ります。
  2. 両手を前で合わせ、腹筋の上部を引き締めます。
  3. 息を吐きながら、しゃがんでいきます。
    お尻を突き出すようなイメージで、前面に力を入れます。
  4. 太ももが床と平行になるまでしゃがみます。
    しゃがんだ時、膝より体が前にでないようにしましょう。腰を痛めてしまいます。
  5. ゆっくり息を吸いながら元の体勢に戻します。
  6. 膝が伸びきる前に、お尻や足の付け根を引き締めましょう。

以上を1日に10セット行いましょう。

このトレーニングは感度を上げる効果もあるので、今よりもっと感じる体になることが期待できます。ちつトレを頑張っているのに成果が見られない、という人は筋肉の使い方がわかっていない場合があるので、トレーニング中は自分の体や筋肉の使い方に意識を集中させましょう。
 

セックス時の体位を問わず膣圧を高められるので実践で有効的です。

 
 ちつトレ初心者こそ鍛えるべき部位とは?
 こんなに簡単?モチベーションも維持できる膣圧を向上させる方法
 一部の人だけが知っている膣圧を劇的に向上させる方法とは?
 

新登場!ローターにもなる小型膣トレボール

あわせて読みたい