ちつトレを効果的に取り入れる方法

膣の締まり具合は、膣周辺の筋肉により左右されますが、ちつトレをすれば筋力がつき、しっかりと膣を締めることが出来るようになります。また、膣周辺の筋肉はオーガズムを迎えるときに必要なので、鍛えれば鍛えるほど感じやすくなる、というメリットがあります。

さらに、ちつトレは下半身のトレーニングがメインなので、ちつトレすることで下半身の脂肪が燃焼され、ダイエット効果があるだけでなく、血行がよくなり、冷え性も改善できるといわれます。簡単なのに効果は絶大で、パートナーの反応が違ってくるばかりか、あなた自身の感じ方にも変化が現れます。

 

ちつトレで効果的に膣圧を高める

こちらでご紹介しているちつトレは、膣周辺の筋肉を使って膣を圧迫するトレーニング方法です。膣周りの筋肉をフル可動させて、挿入時に男性器を締めつけられるように身体の使い方をトレーニングします。

ちつトレとしてよく紹介されているものに、「肛門を締める」「おしっこを途中で止める」などの方法がありますが、これらの目的は括約筋を鍛えることにあります。肛門は、膣の入り口である膣口と括約筋でつながっているので、ここを締めることで膣も締めることができるといえますが、この筋肉は小さいので効果も小さく、意識して締めなくてはならないため、集中力が必要になります。

ですから、ここだけを使うのではなく、膣周囲の筋肉を連動させて膣を圧迫し、男性器を締めつける方が効果的です。使える筋肉は全部使って、どんどん膣の締まりを良くさせましょう。
 
 膣の締まりをよくするための腹筋
 膣の締まりをよくするためのスクワット
 膣の締まりをよくするための前屈

 

ちつトレが続かない人には

忙しくてなかなかトレーニングする時間が取れないという方でも、日常生活でちょっと意識するだけで、いつでもどこでもちつトレを行うことは可能です。生活習慣の積み重ねが膣の締まりにも大きく影響するので、ぜひ取り入れてみてください。
 

美しい姿勢をキープする

膣のゆるみにお悩みの方は普段の姿勢から見直してみましょう。姿勢が悪いということは、筋肉をサボらせているということです。働かない筋肉たちはどんどん力を失い、膣のゆるみを引き起こします。そうならないように日頃から背筋をぴんと伸ばし、お腹とお尻に力をいれて、膣やお尻周りの筋肉が引き締まっているか意識しましょう。正しい姿勢を保つことは膣圧を高めることにつながります。

そしてもうひとつ、太ももは意識して閉じるようにしましょう。普段パンツスタイルが多い人は、つい脚が開きがちではありませんか?膣周辺に近い太ももの付け根周辺の筋肉を鍛えることも、膣圧を高めるのには欠かせません。
 

無意識にしている呼吸を見直す

呼吸に気をつけてみましょう。普段は無意識に行っている呼吸ですが、これを深い腹式呼吸にしてみるのです。腹式呼吸で意識的に下腹を動かします。下腹は膣が収まっている部分なので、そこが動けば膣も動きます。動くということは筋肉を使うことなので、ちつトレにもなるということです。ゆったりした腹式呼吸をすると、膣の動きをイメージしやすいのでおすすめです。

おなかを意識する腹式呼吸
  1. 息を吸いながら、下腹をできるだけ膨らます。
  2. これ以上は無理、というところまで息を吸ったら、息を止める。下腹を膨らませたまま数秒キープします。
  3. 苦しくなったら、徐々に下腹をへこます。
    腹筋と背筋をくっつけるような感じで、ゆっくりと息を吐きながらへこまします。
  4. 息を止める。下腹がぺったんこになったら、数秒キープします。苦しくなったら普通に呼吸します。
  5. これを3回繰り返しましょう。下腹を膨らませたりへこませたりするので、おなかがやせる効果もあります

 

日頃から「深呼吸」と「姿勢を正す」ことを意識しよう

あわせて読みたい